ティソの機械はねじをまくティソの機械を表してどのように上弦かを表します

ティソの自動的に機械的な時計の動力はつける者計略のに生まれて揺れ動いてぜんまいの上弦にエネルギーが発生して、1匹全く上條の自動機械的な時計は36時間ぐらい運行するのを続けることができます;もし状況で毎日正常につけたのを保証する、15時間ぐらい運行することができます;もし以上の時間を上回って不足につけるか揺れ動かないすべてティソの腕時計のに止まっていくように引き起こすでしょう、再度つける前に先にティソの機械式ウォッチにぜんまいが十分であるべきです。

初めて使う時頼みます:回転する柄の頭の20―30回は、ぜんまいの開始の上弦。ティソの機械は表して人体を通じて(通って)上弦に揺れ動いて、しかし今人は生活して少ない動いて、だからもしもあなたはあまり歩かない手動の上弦の方がよいです.その他に、1匹のすでに止まっていくティソの腕時計あるいは新しく慣れるティソの腕時計について、つける前に手動で必ず25―35下弦に行かなければならなくて、ぜんまいをいっぱいな弦の状態があらせて、また使って比較的安定させます.自動巻き腕時計ため、だから腕時計のぜんまいの箱は保護の措置があって、移行して上弦妻に死なれる可能性をもたらしを防止します.自動ティソにあげる腕時計の上弦が極限に達していない時、普通な25―35の下で.