時計をねじるのはねじって5年足りる種のどんな体験ですか?

2月29日は4年の一回の2月29日ごとにで、この特殊な日の中で、最も男性の同胞達に興奮させたのが4年だけでなくてやっと一回の紀念日を過ぎるのに値して、ついに着いた手の何万のカレンダーの腕時計の高光の時間がもあります!

原因
どうしてこのように言いますか?表す友達がすべて知っているのをわかって、機械が表して三大複雑な機能があります:3は、に陀はずみ車、万年暦を聞きます。万年暦は永久不変のカレンダーを意味します。それは本当に別に万年に運行することができなくて、ただ百年ごとに一回加減しなければなりません。もしかすると多くの人は感じて、三大複雑な機能の中で万年暦は最も簡単でであるようで、どうしてまた(まだ)売るのがそんなに高いですか?
普通な日曜日に時計を経過して、大きい小の月手動で期日を加減するのに行きに出会って、そうでなければ明らかに5月1日出会って、また(まだ)4月31日のばつが悪い場面を表示します。カレンダーは表して毎月加減するとの面倒を省いて、しかしそれとも毎年2月にやはり(それとも)手動調整が必要です。万年暦は表して、完璧に大きい小の月と閏年を識別することができて、圧倒的部分の万年暦が表して1世紀に一回加減しただけを必要として、万年暦はたとえば出縁の克ミュラーを表して、甚だしきに至ってはやり遂げて400年に加減することができますと。