クオーツ腕時計の電池の寿命はどうやって延長しますか?

石英腕時計の電池の寿命を伸ばすにはどうすればいいかご存知ですか?実は、石英腕時計の電池の寿命は主に2つの要素に依存します。(1)電池の容量、(2)腕時計のムーブメント回路の消費電力がかかります。電池の容量が大きいほど、電気回路の消費電力が少なくなり、電池の寿命が長くなります。
腕時計の電池の容量の単位は角がいい時(maH)で、電池の体積の大きさによって、一般的に酸化銀行の電池の容量はいくつかの角がいい時から、数十個の角がいい時までの間で、体積が大きいほど容量も大きくなります。腕時計の回路の消費電力はすべて良いレベルです。現在のIC回路のレベルは1つのマイクロぐらいできます。理論的に計算すると、電池の寿命は電池の容量に等しくなります。回路の電力消費量
腕時計用の最も通行する電池は酸化銀行の電池です。体積が小さく、容量が大きいから放電が安定しているという特徴があります。つまり、酸化銀行の電池は普通の乾電池のように電圧が使えないので、だんだん下がります。酸化銀行の電池はサイズが多くて、数十種類があります。その中で日本スーパーコピー時計製のものがよく会います。ブランドは:楽してください。ソニー、万勝。セイコーなど、スイス産の電池は「RENATA」と言います。
使う状況から見ると、RENATAの電池は比較的高く、外観も比較的に精巧ですが、電池の密封性能はまだ日本のものに及ばないようです。アルカリ登りの現象が発生しました。すべてのスイス産の石英腕時計はRENATAを使っています。日本製の電池は精緻な作業ブランドのものが一番いいです。ご存知のように、同じ規格の電池でも、不仲のメーカーの電池の容量は違いがあります。酸化銀行の電池に関する指標表があります。中にはすべての電池の電圧、サイズ、容量の詳細なデータがあります。