紅土の王とRICHARD MILLE

今年の10月は体育界の盛宴と言えます。12日にレイカーズが2019-20シーズンのNBA総合優勝を獲得した前日に、北京時間の10月11日に、2020年の法網フォーカス大会の男子シングルス決勝も幕を閉じました。ナダルは試合で直接に3セットを獲得して相手のデヨコビッチを下して、法網優勝を勝ち取りました。これは彼の法網の第13冠で、単一種目の優勝数の歴史第一記録を保持し続けています。同時にナダルが突進した13回の法網の決勝戦は全部優勝しました。法網の決勝戦は100%の勝者率を作りました。また、この試合の勝利も彼に法網の100勝を獲得させました。フェデラーを追い抜く大満貫20冠記録もあります。
この試合はナダルがデヨコビッチとの歴史で56回目の対戦です。試合前にみんながこの試合はきっと焦燥の大戦だと思っています。徳さんは今シーズンも非常に人気があります。しかし、本当にナダルが6-0、6-2、7-5のスコアで3セットを落としたとは誰も予想していませんでした。特に初回の6対0のスコアは本当に珍しいです。