小屋を表していていくらかの年数混じったが、しかし数十万の時計にぶつかって、同じく見てみることしかできません。だから、あれらについて手を伸ばすとのはパテック・フィリップの万年暦で、バセロン・コンスタンチン陀はずみ車、トップクラス名を買って野菜市場で料理を買うような人を表して、私はやはり(それとも)とても感心しました。

しかし、白馬のに乗るのは王子、もおそらく唐の僧ですとは限りません。だから、名の表したのをつけるのはすべてエリート、もおそらく腐敗分子ですとは限りません。名は表してもしも腐敗分子の手にあって、結末はどう考えてみると分かります。

先に1つの真実な実例を見に来ます。

1日の夜、張のある重慶長江以北区が運転する、車のスピードが速すぎるため、制御できなくなって空回りする、路面を脱出する、“うっかり”がキャンプする王を押さえてあるが道端の芝生に置きをひき砕く上のハンドバッグ。ハンドバッグの中に1匹の価値の86万元の万国と携帯電話などの物品があります。今回でおさえる中に、腕時計の自然な“粉骨砕身する”をひき砕きます。それから保険会社の賠償請求処理を探して、保険会社は審査の時、この実例が少し見覚えがあるようなことを発見します。


イタリアからの真珠や宝石のブランドのブルガリ、ギリシア式の優雅なの、イタリアのルネッサンスと19世紀の冶金技術の中から霊感を吸収して、ブランドの独特なイタリア式の風格を創造します。手首の間ので時にについて計算して現れ出る美学の技術、ブルガリは技術が独自の境地に至っている表を作成する技術と自身の革新の道を持っています。ブルガリOCTOシリーズは2012年の登場から、高級の表を作成する領域の中で自分の天地を開始して、すばらしい作品の中の一つになりました。今のところ、ブルガリOCTOシリーズは1モデルのOCTO固定記憶装置Aにその他にモデルを表すように出して、生き生きとイタリア式の風情を解釈して、続いて私達はいっしょに鑑賞しに来ます。
OTCOシリーズは転覆性の設計好感を受けて、すばらしいダイウイキョウの殻型がブルガリになって高く備える度の設計の中の一つを知っているのを弁別します。全く新しいOCTO固定記憶装置A腕時計以前にOCTOシリーズの基礎設計の上で、腕時計の設計の風格を改めて解釈して、もっと多くて円形の元素に解け合って、弱めの前の角は思って、一層のイタリア式を増加したのが優雅です。


ジャガー・ルクルトの私の実は遊んだのが多くなくて、以前はただ鋼製車体の大家の月相と金の殻の手動の超薄の大家(ジャガー・ルクルトの手動の超薄の大家が本当で薄いの例えば刀の刃だ)だけを買ったことがあります。原因は、ジャガー・ルクルトの時計は主にすべて標準的な正装が表すのです。私はふだん衣服を着て、上半身はTeeあるいはジャージーで、下半身はズボンを守って、だからスポーツをつけて(あるいはカジュアルの風格の時計)を表す時比較的多いです。

ジャガー・ルクルトの新版の大家のカレンダー

ジャガー・ルクルトはその前の2年間新版の大家を出して、新版の大家は行くの復古するレジャーな風格で、それでは正式がないだけではなくて、その上また(まだ)とても現すのが若くて、これでたいへん私の食欲に合いました。その上私はずっととてもジャガー・ルクルトのチップの今の金陀が好きで、だからつい最近1匹の新版ジャガー・ルクルトの大家のカレンダーを手に入れて遊びに来ます。私達今日ちょっと見るこの時計。

ジャガー・ルクルトの新ロレックスコピー版の大家のカレンダー

ジャガー・ルクルトは2017年に新版の大家を出しました。

2017年は大家のシリーズの誕生25周年(1992年にジャガー・ルクルトが初めて大家のシリーズを出す)で、新版の大家の最大の特徴、新しい盤面を設計しました。新版の大家の盤面は前世紀に20~40年代とても流行っている盤面設計を使って、このような盤面の特徴は時計の文字盤の中央に1つの円があるだて、それから円をめぐって外面へ発散する時表示するのがあって、このような盤面は国外で“Sector”の時計の文字盤を言って、国内で対応しない中国語の名前。このような盤面の歴史の上の多くの軍は表して使って、パテック・フィリップ、オメガ、万国などに似ていて、すべて歴史の上で使ったことがあります。だから私がジャガー・ルクルトの新版の大家の盤面を見た時に、新版の大家が復古に付いているのを発見して、甚だしきに至っては少しの軍事の風格の腕時計があります。


Polaris北極星の腕時計の前で煙台宝時造時計工場とします。1915年7月、民族の実業家の李東山先生は煙台で創立します。国家を結んで時間(場所)を決めて腕時計の国有大型企業を生産して、資産総額は1.6億元に達します。主要な設備は検査測定器と皆スイス、日本などの国から導入して、国際的な先進水準があります。”北極星”札の腕時計の能力を年間で生産して400数万匹に達します。

Polaris北極星の腕時計のブランドは紹介します

1918年、宝時計工場はロレックスコピー第1陣の機械的な振り子時計を生産します。20年代の末~30年代の初め、相前後して国内の創始する単鈴と両ベルの目覚まし時計、15日の幸運な機械の振り子時計、空中に垂れる糸を開発して並べて掛け時計、月の世界に順番に当たる時地面につく時計。それらは東北、華北、華東、華南、南西でそれぞれ大きい貿易都市に販売して、何度も全国の国産品展覧会の上で受賞します。30年代中期、煙台は時計業の真っ盛りな時をつくって、年間生産量は16万匹に達します。当時の新聞雑誌によって報道します:“社会の人も皆結ぶ全て買って使いを笑います。1時にうわさは放送して、国内外に至る所に及んで、品物の販路、日に日に滞りがなくて盛んで、北は遼寧、吉林、黒龍江各省・市に達して、南はアナン、ミャンマー、シンガポールと東南アジア群島の各地に着きます。およそ交通の便利な地、皆商品を売りてよいです”。


OSSINEヨーロッパの尼の腕時計、ブランドの付属のひのと深セン威竜星時計有限会社、威竜星時計有限会社所属検問所ペルシア、ロープの帝の時などの腕時計のブランドもある。

OSSINE腕時計のどうなヨーロッパの尼は紹介します

ヨーロッパの尼は威の竜として業の1つのメインブランドを表して、事実上運行したのは照らし合わせて勝ったので、タングステン鋼の丁の合金の応用上ヨーロッパの尼で更に現すのが斬新です。自分の腕時計のブランドを製造する以外、威の竜は業を表してまた(まだ)鋼、陶磁器、タングステン鋼間鋼のスーツに従事して、売と各種の時計の部品の生産を表して、最も重要な取引先はあふれて浸してヨーロッパ、アメリカ、日本、中東などで地に広がります。会社はIS09000美しい容貌と挙止を通って体系をもくろんで認証して、まして大型の生産基地を持って比較的入念な製品を行って生産することができます。

OSSINE腕時計のどうなヨーロッパの尼は紹介します

OSSINEヨーロッパの尼の腕時計は現代設計する元素を巧みに伝統の腕時計設計の中に溶け込んで、同時に手厚い文化的基盤を優雅で気高い腕時計の中に溶かして入れて、みんなの1つの明るくて、信用、味わうブランドイメージにあげます。ひとたび発売したなら、直ちに大衆のために注目して、現在のところは主に国内市場を主なにして、同時に海外市場を開拓しました。


Mike米可時計有限会社は一つの香港の専門の腕時計と部品を製造する生産型企業です。開発、設計、に集まって一体で生産して販売して、ときわめて強い市場競争力がある豊富な製品の制作経験があります。

しかしMike米は腕時計のブランドは紹介します

Mike米は優良な専門技術の人材を持つことができて、十分な専門の底があって、更に精密で正確な日本があって、スイスの専門の生産設備、ビール胚部から表すまで(に)殻、腕時計のバンドの生産、および字面の設計は完成品の組み立てまで(に)生産して、行列の大型の生産ラインを形成します。技術の巧みで完璧なため、品質の厳しい試練に耐えられるの、価格の合理的なの、サービスする完備、その成は製品を表して東南アジアとアラブ、アフリカブランドコピー時計国家によく売れます。

Mike米は全く自身の研究開発の能力に頼ることができて、自身の製品の風格を抽出して、努力して伝統の時計のために新しい内包を創造します。“誠実と信用”を本にして、努めて、革新して、美しくて、質が優れていて、価格が良くて、“品質を遂行するのが生命、進歩だのは肝心な目的で、消費者の信頼を勝ち取ります!


波の道のこの腕時計に従って丈夫で長持ちする優秀な品質に頼っていて、百年のスイスのブランドの標識をさらに加えて、腕時計が閉じ込める中に混じる風の生水が起きるだ、ここ数年越えない時期、も下がる傾向を現すです。波の道の腕時計の国内での知名度に従うのははるかにティソ、ロンジンなどの腕時計のブランドに及ばないので、中古市場の到来に従って、中古が波の道に従って表すまたどんな振る舞いがありますか?
中古が波の道に従うのが表すどうですか
中古を紹介するのが波の道に従って表すどうですかの前に、小さくやはり(それとも)先にみんなに下へ紹介して波の道のブランドの歴史に従いに来を編みます。1百50数年来、波の道に従ってずっと“を受けてその通りにして丈夫で長持ちすることを表して、精確で信頼できて、つけるのが心地良くて、美しくて実用的な”の信念、“絶えず改善する”のがロープ精神を拭くで、ハイ・テクノロジーを運用してスイスの伝統の表を作成する技術を結び付けて、そのロレックススーパーコピー製作日に日によくなって、それによって時計の領域にある重要な地位を打ち立てました。時代ひっきりなしに発展して、科学技術も絶え間ない進歩でで、波の道に従って更にきつくて時代の潮流の足並みに従って、適応して傾向を消費します。


今のところ中古の腕時計は中古市場の中でも次第に人気がある存在になって、その中の中古の艾美が表すのも非常に人気があるで、最大の原因はやはり(それとも)艾美の腕時計が経験して長すぎる時間の市場試しにあって、その上たくさん大きいブランドのためにチップを提供したことがあって、例えば万国、カルティエ、ロンジンなどの腕時計のブランドがあって、そのために艾美の腕時計は市場の中でとてもいい振る舞いを持っています。それでは中古の艾美の表す振る舞いはどのようですか?中古の艾美が表すのが良いですか?中古の艾美は価値を保持するかどうかを表しますか?これらの問題に対応して、小さく編んでみんなのために1つ1つ紹介しに来ます。
艾美の腕時計
ブランドの位置付けのロレックスコピー方面から見に来て、艾美の腕時計の位置付けは確かにロンジンよりずっといくて、まず設計の方面の艾美が表すのもとても上品であるで、その上艾美が表すのが属してマイノリティーの腕時計のブランドを比較するので、ブランドの影響力の方面で有名なほうがいい腕時計のブランド、しかし同じではない振る舞いを持っていて、こともあろうに方面を味わいから言って、艾美の腕時計は秒殺の多くの腕時計のブランドを要して、艾美の腕時計がずっとオリジナル設計で有名なため、自分で生産して殻を表しを堅持して、これはスイスの腕時計の中で比較的珍しくてで、その他に設計と優秀なブランドの方面で、艾美の腕時計のすべて維持したのがとてもいいです。2腕時計の市場が次第に発達していてきに従って、中古の艾美は表してもとてもいい発展を持っています。