北京の秋は1度の秋雨出し抜けにつれて、堂に入るように夏のぬくもりを。タンスから出て秋服、窓を閉め。このような方式で北京の最も詩的な季節を迎えます。そんなに収納夏に言いふらして、個性の腕時計、着替えて快適な皮質バンド、もちろん、腕時計の直径より長袖の袖口が押し込む。今日の腕時計の家はみんなに推薦季節の時計に適している。
この腕時計がかれて黒いセラミックを採用し、ガラス玉を磨きケースや中間ケース、セラミック素材のケースに対して金属のケースより密着腕。バンドの選択に素材を採用した柔らかい皮質バンドに対して、钢质バンドにとってもっと今の季節。また、文字板を採用して黒、赤色と金色の配色、配色に深まった男性は丈夫な気質と秋冬の季節、蕭条し。


この2日間、オンライン注視の日本では「消失」の女教師の秋潔、彼女の遺体が北海道の日本海に発見され、現在、日本の警察はまだ調査中。事の真相は早期に明らかにすることができることを望みたい。「消え」、「不測」などはわれわれの日常生活には触れていたい言葉の一回の熱回収に押し上げられ、我々に警鍾を鸣らす、危険に出会う時、どうしたら危険を避けるの最大化かもしれませんが、肝心な時もあなたを救うことができる腕時計命!
日本の行方不明女教師の危険な秋の清潔
腕時計はは私たちの生活の必需品に対して、腕時計の普及的かもしれないが、携帯電話の範囲が広い。携帯電話でできることは確かに多く、その写真、満足の行く先々で必要な自拍発友人の輪の需要が、よく突発事態が発生した場合、携帯電話でなかっ私たちは放置されかねない。そのとき手首に腕時計がそれを発揮する。


近日、によると北京の西単デパート亨吉利世界時計センターバラの金ロレックスヨットの痕跡を訪れ、すぐそこのロレックスブランドの店。鑑賞してこのバラの金ヨットのと同時に、多くの経典の表を見たブランドの中に販売、その中にこのを紹介する新型の探検家I腕時計。次に、一緒に見に来てください。
2010年、ロレックスのエクスプローラシリーズの腕時計は友の心にある人気の時計になり。通称「探偵」(探検家の世代)のそれだけでなく、技術の上で大きな向上、そして殘したブランドのシリーズの一貫して変わらない沉实エレガントスタイルを受けたので、当時の時計ファンの注目を集め。2016年の新しい発売のこの枚探検家腕時計、改正指針が増えたのは、さん/ろく/きゅう、く時スケールの夜光部分から、とお金がさらに明らかな違い。
904Lステンレスケース
簡潔に、ファッション美観のブラックダイヤルが、時と中央の針と鮮やかな色対比が形成されている。また両者は蛍光部分があり、暗い環境でも読め時間、非常に便利です。


最近ネットで、面白い命題され話題になる――「どう回避脂っこい中年の人」。ある人は、歌手李健を例に、言葉遣いが上品、読書を愛するから、自分の成果を脱し……どのようになるのを避ける脂っこい中年の人の方法はたくさんありますが、例えば、フィットネス、養生を堅持し、少なくとも外見から離脱油」。表にはカンフーは難しく、難しいことから「脂っこいものができない」。腕時計界も、少しは中身がない戦いを自分の名前は大の「脂っこい中年人」が、清新脱俗的実力もあるし、内向的実力派、今日私達は議論してこの面白いの命題を、貴方の心に、どの金が表が「脱脂っこい食物の利器」だろう?


事が延びれば尾鰭が付く、本題はずっと。数年前、僕は外国人が書いた「新しい表ファン犯したXX間違いやすい」(私はすでに忘れました具体的にはいくつかの)。その後、私は深く感じて、中の多くの間違い私は最も始めた時すべて犯したことがあるため。何年経って、今はもう覚えていないその文章の中で書いたのは確かに多少間違いが、中には二つの「ミス」は私の今も忘れられないのは、「ロレックス軽視」;ひとつは「オメガ軽視の腕時計(私は先に言わないのはどれだけ)」と思って、この二つを落とし穴の集中書き、後に考えました、やはり一つ一つ書くでしょう、さもなくば紙面が長すぎて、不便を読んでいただけて。今日新しい時計を先に書い迷误区の一つを軽視するロレックス。
ロレックスは時計界の2大王者の一つだ。
私は始めからロレックスが好きでない、多くの人はすべてそうでしょう
虚のとは言いませんが、私自身の例としては。私はパンの総を連れて時計を世界の知識、腕時計、機械の原理を買い相場表は、潘総の教え。本音、よき師よき友でも、今日、私は評価は価格表、縺れて決められない表も、請教潘総。最初は時計を買う時、中毒が深くて、焦って解毒して、何を見て表も好きです、何を見ても買いたい表。最も辛いときは幣を持って、急にお金を使って、時計を買って帰ってきます。
私は買いたくないロレックス、私は多くの人がロレックスが好きではない、私はとても理解ぁってロレックス“ぼろぼろになる街」になったと思うロレックス特徴、自分の個性を。その時、ペンはいつも私には急いで手を出すな、盲目的に買ってはいけない。私の若い人は気が短い、心の中は切実で、聞いてないから、「買ってよ」。自分はたくさんの時計の知識、時計の歴史、時計の歴史を理解しています。しかしこれらの実際には「歴史物語」「ブランドの物語」だけではない真実の市場は、当時の自分なんてわからない。その時、私は数匹の時計を買って、心は良好だと感じました。その後しばらくしてから、人に言われるまでもなく、自分では意識して、前の表を買っても「いや」。


ひと雨降って、北京の天気はますます涼しくて、これは立秋後初めての秋の味がした。風が吹いて、1つのショッピングの良い天気になることはありません。近日、私たちはこの機会に、北京西単のヘンリ世界的な世界的な。聞くところによると、チュードルのキャプチャ新星——極旗が現物は販売の場合は追求新品なら、この腕時計も悪くない選択で、結局チュードル運動項も比較的に品薄。下、一緒に見にきてみてみて:
極旗シリーズはチュードル、2015年発売の経典シリーズ表のため、ブランドは一昨年と去年全国都市で開催するとロッククライミング挑戦戦、をこの腕時計の探索精神、明らかにこの腕時計ブランドの中の重要な地位。これは、ブランドの第1陣が搭載している、ということです。この一裏塚の傑作を極旗腕時計が本質的に向上したツール表機能と精密度。に加えて、デザインは斬新で、持って剛毅風の外観や魅力の盤面と腕の上物。


カルティエ「浴槽」シリーズで浴槽に酷似している時計のシンボル的なデザインを楕円形のケースが大衆の視野の中で。カルティエが「ブルーバルーン」、「戦車」シリーズとして最も女性好きなシリーズ。カルティエ「浴槽」シリーズで優雅な線、高品質の材質(k金、ダイヤモンド、サファイアなど素材)の運用は、女性が消費者の愛顧を受けて市場。
バスタブ「バスタブ」?ちょっとこのバスタブシリーズで直感的に感じると、本当にバスタブだね!浴槽採用楕円形似殻18バラ金素材を採用し、表冠サファイア、このデザインが思ったカルティエ「靑い風船」シリーズ、同じ表冠の位置を採用したサファイアモザイク。白文字盤に合わせて黒いローマ時間スケール、じゅうに時位に位置カルティエセンター「あげ」のロゴを簡潔に目立つ。全体設計は優雅、経典の外観は視覚的な感じ。この腕時計のバンドを採用しW8000007ブラウン皮質バンド、ブラウンとピンクゴールドの文字盤はさらに顕女性な気質。


2017年、ティソ宝環シリーズの登場に熱愛ファッションを追求し、精密機械タブと希望を持って親和価格表ファン、サプライズできた。もちろん、新しい、シリコン糸遊や天文台認証の宝環シリーズの腕時計は、ティソ現在技術レベルが最高の表の、同時にもデザインにこだわり伝統美学や、現代ファッション的な感、そこでバーゼル表展はリリース後、熱烈な市場の反応を引き起こして。今日紹介するのは、一つの間に金のレディース腕時計(型番:T108.208.22.117.00)、この枚小さくて精緻な腕時計、腕時計の装飾をもたらすと異例の女性ファッション魅力を味わって。
ティソ宝環シリーズさん表項、表径わずか30 . 6 * 32ミリ、明らかに、これは今あがめ大表スタイルのファッショントレンドにとっては、女性の腕をしっかりと守る友好サイズ。小さくて精巧なケースサイズ、腕時計借家栄えて母屋倒るさせないことによって、容易に組み合わせて日常の身なり、朝駆けの駄賃になることができます街頭、会社、パーティでの美しい型キャラ。
ステンレスケース、鎖リンク、ベゼル、表冠などで、いずれも作っためっき黄金のプロセスは、厚さ1 . 14ミクロンの金めっき、保つな、明るく美しい質感の高級腕時計は、すでに成熟の借りPVDメッキ工芸できて、めっき堅固なが付着しており、ケースの上、長く使ってもない脱落しやすい。